NEWS

ご存知ですか?落花生のマメ知識!

落花生に関するマメ知識をちょっただけご紹介します。

「地豆」「南京豆」「唐人豆」「異人豆」など、呼び名はさまざま。もっとも一般的な「落花生」という呼び名は、豆のでき方から付いた名前だと言われています。落花生は花が枯れ落ちた花の子房柄と呼ばれる部分が地中に伸び、実をつけます。“落”ちた“花”から“生”まれた豆。だから「落花生」なんですね!

よく落花生を食べると「太りやすい」なんて話を聞きますよね。落花生の半分は確かに脂肪でできています。ですが、含まれている成分を調べてみると、動物性脂肪とは違い、太りにくいとされている「植物性脂肪」なんですね! だからと安心して食べ過ぎちゃうのは…。おいしくても食べる量はほどほどに!

節分の時、どんな豆をまきますか?実は地域によって「大豆派」と「落花生派」があり、その境界線は東北地方。東北より北の地域では、もっぱら「落花生」が主流。また九州でも宮崎や鹿児島にも「落花生派」の地域があるとか。なぜ「落花生」をまくのかというと、単純に“片付けやすい”からなんですって。